やすらぎハウス「パッション館」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インパチェンス

13102681_580367978803582_3218617636009982270_n.jpg
パッション館には只今、インパチェンスの花が咲き乱れています。
冬場の雪と寒さで葉っぱが成長していなかったので心配をしていました。
ここのところの雨でしっとりぬれて、花が上を向ききれていませんが、29日から天気の予報が出ていますので
ゴールデンウィークを楽しませてくれると思います。

13082561_580438482129865_2704792810998638447_n.jpg
朝日に照らされた赤タブです。
赤タブの芯材です。高さが2、7m、幅が1、4mで重さが1トン近くあります。

PageTop

口永良部島に仕事で行ってきました。

13082491_579037542269959_1353905539792231804_n.jpg
会社の仕事で口永良部島に行きました。
避難施設屋上にレーダーの設置です。
この避難施設は元々NTTのアンテナ鉄塔があったのを改修したもので、飲み水は雨水を濾過してタンクに貯めて電気的な殺菌をするようです。

13062286_579038218936558_5074902407907749474_n.jpg
13043713_579041898936190_7225995535814593290_n.jpg
口永良部の港の様子です。

13007171_579038222269891_4393225390334768346_n.jpg
遠く爆発があった新岳をのぞむ。

13043358_579044208935959_4881794682223596797_n.jpg
本村の風景。小中学校と家々が見えます。

13076992_579039685603078_182235455185473804_n.jpg

13012827_579055878934792_7040362351682752199_n.jpg
口永良部島を観光しました。
昔、人が住んでいて、今ではヤギと鹿が住むようになった場所です。
火山の噴火も影響がないため、将来の港にと考えられているようです。
ここに住んでいた方々は主に屋久島に移住したようです。
岩にへばりつく陣笠は大きかったです。
口永良部島の玄関口、本村に宿を取りました。
夕食には普通に伊勢エビが出てきます。漁期が4月末までなので、ご主人は19時30分頃まで海にいたそうです。
宿から見える景色がすばらしかったのですが、やることがまったくなく、街中を2周の散歩と竹藪に入ってのマタケ採りでした。
宿のご主人からは2匹の伊勢エビをお土産にいただきました

PageTop

image40.jpg
4月18日(日)、永田の前浜にて、アカウミガメの初上陸・初産卵を確認しました。昨年より1日遅い上陸・産卵でしたが、このアカウミガメが日本での初産卵だったそうです。海も荒れ、雨も降り、決して好条件とは言えない状況でしたが、産卵したウミガメさん、ご苦労さまでした。

潮が満ちた時、高波で卵が流されないように安全な場所に移植します。

現在前浜は、養浜工事により重機が出入りするため、卵はいなか浜の保護柵設置予定地内に移植しました。

屋久島うみがめ館さんより

PageTop

2016年屋久島海祭り(安房川)4/16

image18.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。